宅建の資格

宅建を取得した後の就職先

更新日:

宅建を取得した後の就職先は、不動産会社や信託銀行などの一部の金融機関以外にも、あるのでしょうか?

宅建主任の大半は、建設・不動産会社です。そのほかでも、土地取引の関係ある部署があれば、役立つでしょう。
(例)銀行の不動産部。
他業種の需要は、余りないのが現実。

建設・不動産以外では、就職には有利にはなりません。土地・建物の取引をしている建築・不動産会社は、1店舗で何名と宅建主任の設置義務があるので、有利かも知れません。また、資格試験が民法主体ですので、司法書士ほか民法が科目に入っている資格を取るのには、いい経験になります。
引用元:教えてGoo‐宅建有資格者の主な就職先は?maisonflora

宅地建物取引業を行うためには、5人に1人は宅建士を配置しなければならないと、国の法律で定められています。
さらに宅建の資格がないと不動産取引が行えないので、宅建は不動産業界では必須の資格であり、逆にないと、昇格・昇給が見込めないといってもよいでしょう。もし、あなたが学生で将来は不動産会社に就職したいのであれば、学生時代に取得しておくと有利に働くといえます。

また、宅建は不動産業界だけでなく、銀行や一般企業でも役立ちます。銀行の場合は、業務のひとつに貸出業務があります。これは顧客の土地や建物がどれほどの価値があり、いくらまで貸し出せるのかを厳しく審査をするのですが、そのときに不動産の知識が必要になります。

また、一般企業の場合だと、自社が保有する土地や建物を管理運営する総務部や財務部で役立ちます。宅建は、不動産業界はもちろん、一般企業でも就職・転職に有利に働くといっても過言ではありません。それだけにさまざまな就職先があるのです。

引用元:持っていたら就職・転職に有利な資格NO.1! 宅建

販売業やサービス産業、小売、外食産業も店舗が必要です。そこで店舗開発部門が出店計画を立て、不動産業者に仲介を依頼してテナントを借りたり、自社所有の物件で出店したりします。その際も宅建資格があると、役に立ちます。

その他、一般企業の財務部門や総務部門などでも、会社保有の不動産を運用したり、スタッフの社宅を用意したりする際に、宅建資格の知識があると役立ちます。プライベートで自宅を借りたりマイホームを購入する際や、不動産投資を行う場合にも、宅建が役に立つかもしれませんね。

引用元:宅建とはどんな資格?使い道は?宅建取ったら何ができるのか?

*宅建士試験関係に重点を置く出版会社
*資格学校の講師(個人事業的な契約になりますが)
…という道も、一応あります。
引用元:yahoo知恵袋 berobeiman

宅建合格のためのにおすすめの“安い”通信講座

合格率70.8%のフォーサイト

宅建

なんと受講生の合格率は70%!39,000名以上が受講している超おすすめの通信講座です

受講料28,350円からで教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象コースあり!


2万円で受講できる!スタディング

スタディング(旧通勤講座)は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講者30,000人を超え急成長中です。合格キャッシュバックあり!

-宅建の資格

Copyright© 宅建士・資格試験まとめ速報 , 2022 All Rights Reserved.