宅建の資格

宅建士とダブルライセンスで相性のいい資格

投稿日:

宅建士とダブルライセンスで相性のよい資格は何なのでしょうか?

効果を発揮する資格を紹介したいと思います。

マンション管理士・管理業務主任者

マンション管理士の資格を持っていると、確実に独立できます。また管理業務主任者は、宅建同様に、不動産業界(とくに管理会社系)の就職・転職に有利な資格です。
資格の難易度としては、マンション管理士>宅地建物取引主任者=管理業務主任者という位置づけで考えていただければ結構です。
この2つの資格をお薦めするのは、仕事上での相性のよさもありますが、試験範囲に宅建と共通するところが多いことも理由です。宅建で勉強した内容のかなりの部分が、マンション管理士の試験準備にも役立ちます。
引用元:宅建と相性のよい資格

宅建と相性がいいのは、マンション管理士と管理業務主任者…で、販売後のマンション住民と管理組合に向き合っていく仕事です。
単独でその資格だけを取ってやっている場合もありますが、多くは不動産企業の社員を志すにあたり、宅建士から入ってそうした資格と併用させている人です。

引用元:知恵袋 berobeimanさん

土地家屋調査士

宅建の試験科目のなかでは、宅建業法、民法、区分所有法、不動産登記法などの知識を活かすことができます。土地家屋調査士は独立・開業に適した資格なので、将来独立を考えている人は、この資格も持っていると業務メニューが格段に広がります。
引用元:宅建の知識が活かせる、その他の国家資格
相性のいい資格は、土地家屋調査士でしょうかね。
でも、この2つは、両立するのは、大変です。オイラは、3人程知ってますが、みんな調査士ばかりやってて、不動産業は休眠してますね。
引用元:lolonoa_maetinさん

行政書士

行政書士試験の中心となる試験科目は民法ですので、宅建試験で民法を得意としていた受験生はチャレンジしやすい資格と言えるでしょう。試験科目の重複もさることながら、互いの業務の親和性も非常に高く、実際に宅建と行政書士の両方の資格を持って活躍している人は大勢います。

引用元:宅建の知識が活かせる、その他の国家資格

ファイナンシャルプランナー(略称 FP)

家族や個人のライフプランを設計するスペシャリストとなるための資格です。家族の人生設計と、といえば不動産(マンションなど))の取得なども夢・目標のひとつ。またすでに不動産をお持ちの方がお客様なら、税金や相続などの相談も、ファイナンシャルプランナーは受け止めます。

ダブルライセンスの活かし方としては、宅建とFP資格を不動産業界で活かす方向や、宅建の資格を持つFPとして活躍する方向などが考えられますが、いずれにしてもこの2つの資格の相性は抜群です。不動産も金融資産です。宅建の資格だけですと不動産の知識にとどまるところが、FPを取得することで、宅建が金融の資格に様変わりするのが面白い特長です。
引用元:宅建と相性のよい資格

宅建合格のためのにおすすめの“安い”通信講座

合格率70.8%のフォーサイト

宅建

なんと受講生の合格率は70%!39,000名以上が受講している超おすすめの通信講座です

受講料28,350円からで教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象コースあり!


2万円で受講できる!スタディング

スタディング(旧通勤講座)は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講者30,000人を超え急成長中です。合格キャッシュバックあり!

-宅建の資格

Copyright© 宅建士・資格試験まとめ速報 , 2022 All Rights Reserved.