宅建の勉強方法

借地借家法に関するこの問題解ける?

更新日:

72
勉強はかどってる?腕の立つ奴は次の問題やってみてよ

一時使用目的のための借地借家法の規定について間違っているものはどれか
1.借地権で借地人は地代の増減請求ができる
2.借地権で土地所有者が代わっても建物に登記があれば対抗できる
3.借地権で土地の賃借権の譲渡について裁判所に承諾の許可を申立てることができる
4.借家権で建物所有者が代わっても明け渡しを受けていれば対抗できる

78

>>72
4は何言ってんの?で4を選ぶかなぁ
知らないことがあっても消去法で4だた

73

4じゃね?

76

>>73
すごい、俺の苦心の難問が

答え4
1.2.3.一時使用目的の借地権に適用されないもの(25条)に11、10、19条は含まれない
4.一時使用目的の借家権に適用されないものは第3章全て(40条)。よって民法に立ち返り登記しないと対抗できない。
余談になるが32条賃料増減請求も借地権の時と違って認められない

82

>>76
4は一時目的の借家権には借地借家法は適用されないから民法上は不動産賃借権だから、登記なしでは対抗できないから
誤りかと判断した

【宅建士】宅地建物取引士570
http://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/lic/1494019884/

宅建合格のためのにおすすめの“安い”通信講座

合格率70.8%のフォーサイト

宅建

なんと受講生の合格率は70%!39,000名以上が受講している超おすすめの通信講座です

受講料28,350円からで教育訓練給付制度(一般教育訓練)対象コースあり!


2万円で受講できる!スタディング

スタディング(旧通勤講座)は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間で学べ、わかりやすく、安価あるため、現在受講者30,000人を超え急成長中です。合格キャッシュバックあり!

-宅建の勉強方法

Copyright© 宅建士・資格試験まとめ速報 , 2022 All Rights Reserved.